サーバー移転

Update*2020年03月20日(金)

Date*2020年03月20日(金)

2011年3月から長きに渡り「さくらインターネット」で運営してきた当サイトですが、このたび「エックスサーバー」へ引っ越しました。アドレスは変更なく「https://akezora.jp/」を維持します。

ウェブ全体に「サーバーを乗り換えた」という情報が行き渡るまでに一週間ほど?必要なため、その間、接続先が不安定になるかもしれません。と言っても、それで何か重大な問題が起きることはないと思います。

なにゆえのサーバー移転かというと、特別な理由はなかったりするのですが、しいて言えば、契約プランの変更ができないことでしょうか。

「さくらインターネット」とは「ライトプラン」で契約していますが、このプランのディスク容量は10GB。もし容量を増やしたい場合は、上位プランへの「契約変更」ではなく「新規契約」となり、サーバー移転の手続きが必要になります。

その点、「エックスサーバー」では「契約変更」の扱いでディスク容量を増やせます。いちいちサーバー移転の手続きを踏む必要はありません。

もっとも、現時点でディスク容量にはまだまだ余裕があるので、あせって拡張する必要はないのですが。

移転の理由はもう一つ、ディスク容量の一部をメールボックスとして利用していますが、これに少し不安が生じた事です。

「さくらインターネット」のサーバーから送られたメールはスパム扱いされやすい、という情報があります。真偽は未確認ですし、自分自身そのような経験はないのですが、万が一、確実に読んでもらいたい大事なメールがスパム扱いでゴミ箱送りになってしまったら‥‥?

そんなこんなで、サーバー移転となりました。「エックスサーバー」は最下位プランでも200GBもあるため、レンタル費用も10倍ほどに跳ね上がってしまうのが痛いですが。

サイトを構成するファイルを「エックスサーバー」のサイトスペースに流し込んでみると、総ファイル数がなんと16,000近くもありました。

サーバーパネル

こちらは「エックスサーバー」のサーバー管理パネルです。

直接ファイルをいじらなくてもコンソール上で書き換えられたり、プログラムのインストールが自動化されていたりと、かなり親切なインターフェイスになっていると思います。

ユーザーサポートも手厚いとの情報なので、そちらも期待しています。

解析タグ不要のアクセス解析がありがたい。

アクセス解析というと「Googleアナリティクス」が有名ですが、ページの一つ一つに解析タグを貼り付けることが必要なので、もともとあったページに後付けで解析タグを挿入したり、解析タグが変わった場合に書き換えたりする事が、非常に手間なのが困ります。

対して、「エックスサーバー」のアクセス解析は、解析タグの貼り付けが必要ありません。サーバー管理パネルから導入手続きをするだけで、全ページの解析ができてしまいます。これはすごい。

ちなみに、アクセス解析の目的は、個人情報の収集ではありませんのでご安心を。Googleでどんな単語が検索されているのかとか、どのページへのアクセスが多いのかとか、知ることが目的です。

それがサイト作りに生かされているのか?というと、そこは「もっとがんばりま賞」なのですが。

ちなみに、アクセス解析の統計画面はこんな感じです。登録直後しか見れない、まっさらな状態。

アクセス解析

1年ほど止まっていた当サイトですが、ぼちぼち再始動できたら、と思います。

現在、時間を食いすぎるゲームは封印中なので、他の話題が中心になりますが。

とりあえず、1~2週間に1回程度、更新できたらいいかな。