WinXP→Win8

Update*-----

Date*2013年02月10日(日)

今回はゲームからちょっと離れて。

うちのPCはWindows XPなのですが、XPのサポートは来年4月で終了してしまいます。さすがにそろそろアップグレードしないといけないなぁ‥‥と思っていたら。

メルマガで『Windows 8 Pro 発売記念優待版』なる物の存在を知りました。1月31日までの期間限定販売で、XP・Vista・7を8にアップグレードできるそうな。お値段は4,980円と、普通にWindowsOSを買うよりはるかに安い。

これは買わないでか!

ということで、30日に滑り込みで注文、確保しました。

そこまではよかったのですが、XPを8にアップグレードする作業が難航。

011.png (3 KB)

OSを入れた後、ドライバを入れようとするとPCがハングアップを連発するのです。

いったい何なんじゃー! と頭を抱えつつ試行錯誤。2度のOS初期化の末、ようやく解決。

あえて古いドライバを入れてから最新ドライバでアップデートしたら行けました。

この後、8で廃止されたスタートメニューを復活させたり、アプリケーション環境を再構築したり、OS初期化の余波で消えたファイルをバックアップから戻したり‥‥。

なんだかんだで今日になってしまいました。

スタートメニューの復活には Classic Shell 日本語版 を使わせていただきました。

インストールするのは[Classic Start Menu]だけで良かったかもしれない。

ボタンのスキンには Windows 7 Skin for Classic Shell を使わせていただきました。

  1. Windows 7 Skin for Classic Shellを解凍した中の[Start_Button.png]を、Classic Shellのフォルダに突っ込む。
  2. Classic Shellの[設定]→[スタートボタン]の[ボタンの概観]で[カスタムボタン]を選択。
  3. [ボタン画像を指定]で先ほどの[Start_Button.png]を指定。

こんな手順だったかな? 最後にClassic Shellを再起動したかも。

これで主だった環境は整いました。

012.png (61 KB)

しかし、今度はインターネット接続が不安定になる問題が発覚。

ネットにつながってもすぐに切断されて再接続を試みる、という挙動が延々と続きます。10~30分ほど待つと安定しますが、毎度毎度そんなに待ってはいられない。

再び頭を抱えながら試行錯誤。設定やドライバをいじってみたのですが、うまくいきません。

そのまま日付は進んで、14日。ネットで調べていると、ルーターが原因になる事がある、との記述を発見。

ああ、ルーターか! パソコンにばかりとらわれて、ルーターにまで考えが至りませんでした。

試しにファームウェアを最新にしてみると、あっさり解決。直って良かった。

もう一つ問題が。

マウスのホイールによる画面のスクロールがうまくいかない。ホイールを回してもスクロールしたり、しなかったり、挙動が不安定です。

あれこれ調べて、20日になってようやく解決。

021.png (5 KB)

画面右の『OSの設定を保持する』のせいで、どうやらLogicoolのドライバとWindowsのドライバが衝突し、挙動がおかしくなっていたようです。

このチェックボックスを外したら、ホイール回転で素直にスクロールするようになりました。

これでWindows 8へのアップグレード完了‥‥のはず。もう問題が出ないといいなぁ。