8月26日 E-4決戦  <<
>>  8月30日 ちとちよ航改二

2013年 8月28日8/26アプデ

94日目。

26日のアップデートで色々変わりました。
運営鎮守府からのお知らせのNo.588で告知されています。

●装備アイテムの「開発」テーブルが更新されました。
→先行実装されていた「新型の水中聴音機」が開発可能に!
→先行実装されていた「彗星艦爆の改良型」が開発可能に!
※いずれもレア確率です。同装備が欲しそうな秘書艦娘で
 挑戦してみてください!

彗星一二型甲が開発可能になったという事でさっそく試してみましたが。

001.png

10回ほど回しただけでは出ませんでした。
まぁ、急ぐものでもないので地道に狙っていきましょう。

●「旗艦」に関する仕様が一部更新されます。
→旗艦の大破した艦隊は「出撃(戦闘/演習/遠征)」不可能に!
→旗艦が戦闘で大破した場合は「進撃」不可能に!

●「旗艦」に随伴する「僚艦」の挙動が一部更新されます。
→随伴艦が稀に旗艦への攻撃の盾となる挙動が追加されました。
→特別な演出は表示されませんが、旗艦が敵に狙われた場合、
 随伴艦がその攻撃の盾となる場合があります。
※ただし、小破未満の無傷艦のみの行動です。
※僚艦の旗艦援護に関しては、現在演出追加はありません。
※旗艦への僚艦による援護の発生確率/被弾率は、
 陣形によっても制御できます。「輪形陣」が最も
 旗艦被弾率が低く、逆に「単縦陣」は高被弾率です。

この辺はいわゆるブラ鎮への対策ですね。
※ブラ鎮…旗艦は轟沈しないことを利用して耐久や疲労を回復させずに連戦させる、等の艦娘を酷使するプレイ方法。ブラック企業に例えてブラック鎮守府、略してブラ鎮。

●敵深海棲艦の艦隊配備に変更があった模様です。
→【北方海域】及び【西方海域】に遊弋する敵艦隊の布陣
 に変更あり。主に「対潜水艦作戦能力」が向上、「水上
 打撃戦能力」はやや低下した模様です!
※flagship「軽巡」「駆逐艦」も投入されました!
※【鎮守府近海】から【#2-4海域】までの敵情は変化なし!
●敵深海棲艦の対潜能力が向上しました。
→全体的に対潜作戦可能艦は同能力が若干upしました。

この辺は潜水艦のバランス調整。
試しに伊58を出撃させてみたら、ぼっこぼこにされました。

011.png

「水上打撃戦能力はやや低下した」とのことですが‥‥。

●敵深海棲艦の電探が開発されました。
→敵の「対水上電探」が2種開発されました。
 深海棲艦「戦艦」クラスの一部に搭載された模様です!

この変更のせいで、低下するどころかむしろ強化されています。
ただでさえ難関の2-4が、さらに難易度アップしてしまったようで。

●演習システムが一部更新されました。
→これまで相手陣形がランダムで投入されていましたが、
 お互いフェアに「竿で進入するはずだが……」に変更。
 彼我艦隊とも暫定的に「単縦陣」で交戦します。
→演習時のみ「対潜兵装」の命中率がupする形に修正。

演習についてはまだまだ調整中、という感じでしょうか。


さて、イベントが終了したという事で、レベリングに戻ります。

まず、雪風を島風と同等のレベルまで育成して、駆逐艦の2枚看板にしたい。
とりあえず改造は完了です。

021.png

また、北上と大井の重雷装コンビも育てておきたいかな。
Lv50を越えると、開幕と夜戦の雷撃が素晴らしいことになるようです。



8月26日 E-4決戦  << 戻る >>  8月30日 ちとちよ航改二